土嚢袋

土のうによる浸水対策

低コストですぐに用意できる土のうは、手軽に出来る水害対策の一つです。一般的には土のう袋として販売されており、数十〜数百枚単位で購入できます。使用には土砂を充てんする必要がありますが、保管スペースがある場合には中身を入れた状態で保管する方法もあります。

作業員

建築現場の安全を守る

建築現場で建物の周囲を覆うシート状のものを足場シートと呼びます。柔らかく作られているのが特徴で、誤って重量物を落としてもその力を吸収して飛び出すのを防ぎます。強風の影響を直接受けることがないよう、通気性を考慮したメッシュ状になっているのも特徴です。

作業員

選び方のコツとは

水害が多い日本では土のう袋の必要性も高いといえます。質は値段に比例する傾向にあるので、きちんとしたものを備えたいのならばある程度の値段はかかります。屋外で保管するのならUV加工してあるものもおすすめです。また吸水型の新しいタイプも使いやすいです。

最新記事一覧

作業現場

使用の目的とは

建築や解体作業に欠かせない対策となっているのが足場シートです。足場シートは近隣への騒音や火事などの危険性を最小限に抑える機能を持ちます。現場の状況に応じたさまざまな種類が足場シートにはあるので、臨機応変に対策ができるようになっています。

土嚢袋

質は価格に比例

土のう袋を選ぶときは目的に応じて適切な値段のものを選ぶ必要があります。ゴミ袋や泥の回収など、使い捨てに近くてもよいのならば安いもので良いでしょう。災害対策用に備えておきたいのならばある程度の耐久性が必要です。

主要3種それぞれの利点

建設現場

主要3種の概要

足場シートとは、足場の外側をぐるりと囲っている養生シートのことである。足場からの物体の落下防止、作業員の転落防止の他に、作業スペースを雨や風、雪などから保護する目的もある。足場シートの設置を義務づける決まりはないが、上記の目的の他に、作業現場の目隠しとしても利用できるため、市街地などではほぼ必ずと言っていいほど使用されている。足場シートとして一般的によく使われているのは3種類ある。まずはグリーンネットだ。網目が大きい分風通しが良いため、足場にかかる風荷重が小さくなり、壁つなぎや控えパイプのスパンを大きく取ることができる。ただし労働安全衛生規則における落下防止措置としては認められていないため、別に対策が必要。次に、メッシュシートだ。網目が小さいため、前述の落下防止措置としても有効。また、防炎の用途も満たしている。ただしネットよりも風を通さないため、風荷重に対する強度計算を慎重におこなう必要がある。建築現場で足場シートと言えば一般的には防炎、防音シート(白シート)を指す。本当のシート状のため、風や雨など外部からの影響も、粉塵や物体の落下など足場内部から外部への影響もほぼ完全に遮断することができる。ただし全く風を通さないということは、風荷重が足場の支柱に全てかかるため、メッシュシート以上に慎重な強度計算が必要となる。また、強風の予測される日などはある程度シートを外すなど、足場の倒壊への注意を最大限に行う必要がある。