最新記事一覧

建築現場の安全を守る

作業員

柔らかさで落下物をカバー

建物などの建築現場を見ると、作業の様子を隠すかのように周囲にシートが張り巡らされています。あれは作業を隠しているのではなく、安全性を考えて使われている足場シートです。建築現場での作業は高所で行われることも多く、建物の周囲に足場を組んで移動しやすいようにしています。作業時は工具などを下に落下させないよう細心の注意を払っているものの、万が一のことを考えて足場シートを設置しています。足場シートの目的は、誤って落とした工具などの重量物が、下を歩いている人に当たらないようにすることです。足場シートは作業している敷地を覆う形で設置しているため、それ以外の場所には行かない作りになっています。重量物の飛び出しを防いでいるため、足場シートはそれなりの強度を持っているのが特徴です。といっても固さで防ぐのではなく、柔軟性で重量物の速度を和らげています。そのためメッシュ状になっていることがほとんどで、使わない時は折り畳んでコンパクトに収納できるのも特徴です。メッシュ状になっているのは、建築現場での強風を通す意味合いも持っています。仮に板状のものでは、強風の力をまともに受ける形となり、飛散する恐れもあります。足場シートはメッシュ状なので、すき間から風を逃し強風の状況でも問題ありません。最近は、表面をコートせずに繊維で編んだだけの足場シートも登場しています。コート用の樹脂がないぶん柔軟性に優れており、従来のものよりも大幅な軽量化に成功しているという特徴もあります。