手芸 | 革のはぎれも材料|オリジナル作成は考えで差を付ける

革のはぎれも材料|オリジナル作成は考えで差を付ける

手芸

キルト糸とはパッチワークキルトやキルティングをするときに最適な糸で、各糸メーカーが製造しています。イギリスやアメリカ、日本のキルト愛好家の中で古くから人気があるキルト糸は、100パーセントのポリエステル糸で2重構造のコアスレッドです。100色が展開されています。日本の糸メーカーから販売されているキルト糸もあります。高い技術で作られたポリエステル糸で、縫いやすくよじれないと評判です。40色が展開されています。さらにスイス製のキルト糸もあり、同様にポリエステル糸でソーイングにもおすすめです。シルクのような光沢感があり、使いやすいと人気があります。カラーは36色展開で、一巻きが500メートルとたっぷりとした量があるのも特徴です。

パッチワークキルトは1980年代後半から1990年代にかけて日本で大流行しましたが、現在ではその他多くのハンドメイド作品におされる形で比較的下火になっています。しかしパッチワークキルトのコアな愛好家は常に存在し、ファブリックやキルト芯、キルト糸といったパッチワークキルトに必要な材料が数多くのショップで取り扱われています。各地でパッチワークキルト展が開催され、多くの人々が足を運んでいます。パッチワークキルトの魅力は出来上がった美しい作品はもちろんのこと、作品を作るプロセスにもスポットライトが当てられています。小さなピースを一つ一つ手縫いでつなげていき、一針ずつ丁寧にキルティングで仕上げるというプロセスにヒーリング効果があると考えられています。

Copyright (c) 2015 革のはぎれも材料|オリジナル作成は考えで差を付ける all reserved.