最新記事一覧

土のうによる浸水対策

土嚢袋

手軽にできる浸水対策

我が国は水の豊富な国土を有していますが、その反面大雨による浸水被害や、河川の増水や土砂崩れといった水害も発生しやすくなっています。建物への浸水は水害として比較的小規模なものですが、それでも商店や企業にとって大きな経済的損失を与えます。浸水による被害を最小限に抑えるためには、水害の発生に速やかに対処し、建物へ水が流れ込むのを抑える他ありません。コンクリート製の建物の場合止水板を設置するのが最も効果的ですが、すぐにできてコストも安く済むのは土のうを用意する事です。土のうは土砂や砂利を詰めた袋の事で、これを積み重ねて設置する事で水の流れを妨げる事が出来ます。通常は土のう袋として販売されており、数十〜数百枚単位で購入できます。土のう袋はシンプルなポリエチレン製の布袋なので、未使用の状態であれば省スペースで保管できます。ただし土のうを使用するためには、土や砂などを充てんする必要があります。土のう袋を用意すると同時にスコップなどを複数個そろえておきましょう。また出来上がった土のうは重量があるので、手作業で大量に運搬するには一輪車があると便利です。古くなった土のう袋はそのまま廃棄するか、ガラ入れなどとして再利用も出来ます。備蓄方法の一つとして、予め土のう袋に土砂を入れた状態にしておくの事も出来ます。場所も取りますし直射日光や雨風を避ける工夫が必要ですが、水害への速やかな対処が可能です。保管スペースがある事業者には、おすすめの方法でしょう。