最新記事一覧

使用の目的とは

作業現場

機能の種類と効果

足場シートは建築途中の作業場や解体作業の現場でよく使われる道具です。足場シートの役目は、防音や火事などの被害を抑えるところです。これを使うことで近隣への被害をなくしてくれるため、作業をする際には欠かせません。防音効果を持つ足場シートは、建築や解体中に生じる騒音を極力抑えてくれます。主に防音機能のある素材が使われており、これを作業場を覆うような形で取り付けることで騒音が遮断されます。小さな穴が開いていない状態から、作業によって起こる粉じん被害も防げます。足場シートとしては基本的な効果を持ち、これがあるのとないのとでは大きな差が生まれてしまいます。その他の機能では、防炎シートがあります。防炎機能を持つ足場シートは、鉄筋コンクリートの解体工事のときによく使われます。鉄筋コンクリートは大きな建物に多く、その解体工事では溶接や電気を使うことがよくあるため、火事の危険対策が欠かせないのです。作業中に火花が飛び散っても、防炎シートであれば未然に防げるので安心です。そして、風の強い現場で活躍するのがメッシュ素材の足場シートです。メッシュの状態でなければ風で飛ばされてしまう可能性が高く、そのせいで作業場に支障が出てしまう場合も考えられます。特にビルなどの高所の作業現場や、天候が荒いときにはメッシュ素材の足場シートがよく使われます。この足場シートは小さな穴がたくさん開いた状態が特徴で、風を通過させるので風で勢いよく振り回される心配はありません。このように、足場シートは現場の状況に応じて、さまざまな機能を持つ種類から使用していくことができるのです。